ここ数日、寒波による大雪が各地で続いていますが、皆さんのお住まいは大丈夫ですか? 中でも水道の凍結が特に顕著で、業者さんは修理に大忙しのようです。

そんな中私は、住宅の雨漏り相談があり福島市内へ。

実は、雨漏りというのは原因の特定がとても難しい<ものだったりします。

「屋根瓦がずれていた」
「屋根と壁のつなぎ目に隙間ができていた」

なんていう分かりやすいものであれば良いんです。ですが、一見しただけでは原因が分からないものが多く、天井に雨の浸みができているからといって、その真上の部分に原因があるとも言い切れないのが雨漏りの怖いところです。

そこで、私が去年受けてきた研修がこちら↓

赤外線建物診断アドバイザー

 

「赤外線建物診断アドバイザー」というものです。

これは、赤外線カメラを用いて通常の部分と異常がある部分の温度差を測定し、外壁の浮きや雨漏りを調査する「赤外線建物診断技能士」の前段に当たるもの。赤外線を使った調査に関する基本的な事項を押さえつつ、一般のお客様の相談の窓口として、実際の診断への橋渡しをする役目となっています。

今回、この赤外線による雨漏り調査について説明してきた訳ですが、赤外線カメラで撮影した写真によって雨の侵入経路がある程度推定できるようになるというメリットがある一方で、デメリットになるのがその調査費用。一般住宅の雨漏り調査で基本200,000円からと、割と高額です。

調査でこれだけの金額がかかる上、修理となると更にプラスアルファの金額が。今回説明したお客様も、調査をするかどうか随分迷っていたようでした。

今後実際に赤外線の調査をするようになるかどうかはまだ分かりませんが、他の方法についても模索しながら、何とか良い方向に向かってくれればと思う次第です。


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク