CIMG7592.jpg

以前設計を担当した桑折町商工会館の工事がようやくスタート。先日、基礎の配筋検査に行ってきました。

写真を見てもらうと分かるように、木造住宅の基礎工事とは違って掘る深さも深いし、鉄筋の配置の仕方も複雑に。木造住宅の場合は、小さな木の柱をたくさん建てて建物にかかる力を分散させるため、基礎の大きさもそこまで大きくなくても大丈夫。

それに対して鉄骨造の場合は、鉄骨の大きな柱を数本建てるだけなので、柱の1つひとつに大きな力がかかるため、その力を地面に伝える役割を担うコンクリートの基礎も大きいものになってきます。

木造と鉄骨造、そして鉄筋コンクリート造など、建物を建てるときには何種類か構造のスタイルがあります。それぞれ一長一短ありますので、建物の用途や広さの希望、予算などに合わせた構造の選び方も大事なところ。

その辺については、また別記事で詳しく挙げてみたいと思います。


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク