住宅ではありませんが、今設計している物件の中に
基礎の高さが高いものがあります。そしてその上に
普通に木造の躯体を組むという感じ。特殊な用途の
建物のために、普通とはちょっと違うつくりに
なっています。

で、設計が粗方終わり、敷地が調整区域となるため
都市計画法に基づく申請をしたのですが、その際
行政の方から指摘があったのが
「これは混構造ではないですか?」
ということ。こちらとしては、普通より基礎が高い
木造建築物として考えていたのですが、聞いてみると
あちらは鉄筋コンクリート造+木造の混構造の建築物
と捉えたとのことでした。

「基礎の部分が随分高いので、壁とみなしました」
との話だったので、じゃあどこからが混構造扱いに
なるんだろう?
 と不思議に思い調べてみたんですが
答えが分からず、先の行政の方にお聞きしたところ
「明確な規定はないんですよ」
というお答えが。う~ん・・・・・・。

今回は規模の小さい建物だったので設計上の影響は
少なかったですが、もしある程度の規模の建物だったら、
仕事的に随分手戻りが多くなっていたかも・・・・・・。

今後同様の物件があったら気をつけていかねばです。
にしても、明確な規定がないということは建築主事に
よって考えが違い、あちらでは良かったがこちらでは
ダメということが起こりえるということ。
数的には
少ない事例なのかもしれませんが、告示などできちんと
法的な説明をしてほしいと思った今回の一件でした。

 

スポンサーリンク