今週、こんなニュースを目にしました。


岩手県は7日、同県奥州市水沢区の「KOSO建築設計室」が1999~2005年に設計した戸建て木造住宅90軒で、地震や強風に対する強度が不足していたと発表した。東日本大震災で、別業者が設計した住宅の壁にひびが入ったことから、施工した同市の建設会社が、同設計室などが設計した住宅を調査して判明したという。

県によると、同設計室は2級建築士の個人経営。設計を手がけた木造住宅のうち、215軒を調査したところ、90軒で強度不足が確認された。地震や風圧に対し、強度が2~3割不足している住宅もあったという。

県と市は今後、建築基準法違反の疑いが強いとみて、この建築士が設計した計約550軒の調査を進めたうえで処分する方針。県は建築士に対して計算書の提出を求めたが、提出しなかったという。


震災後で、耐震に関して世間の注目が集まっている中でのこのニュース・・・・。以前の耐震偽装事件を思い出してしまいます。

今回は意図的に偽装したものではないにしても、恐らく強度の計算を全くしていないと思われるこの状況には、同じ仕事をしているものとしてはあ然としてしまいます。

一般住宅を始めとした小規模な建築物は、確認申請を出す際も構造に関する審査は省略されるという制度上の問題はあるにせよ、プロとしてやるべきことをやっていないということ自体が問題で、それも構造に関する部分という建物の根本に関わる部分について手抜きをするという、あってはならないことだと思います。

現在までに強度不足が指摘された物件の多くについては、改修工事がきちんとなされたとのこと。お客様が不利益を被ることがないよう、真摯な対応を望むばかりです。


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク