小さな会社の方や個人事業・フリーランスの皆さん。自分の仕事のPR、きちんとできていますか? 新たな販路開拓、必要としていませんか?

2019年6月現在、小規模事業者の経営支援をしてくれる「小規模事業者持続化補助金」事業が公募中。おの設計でも、地元商工会の支援を受けて応募してみました。

経営支援

販路開拓支援のために、上限50万円・補助率2/3の補助金が

この「小規模事業者持続化補助金」、名前の通り小さな事業者を対象とした補助金です。

人口減少などによる需要減の影響を受けやすく、また資金や人材面でも制約があり新しいチャレンジがなかなかできない小規模事業者のために、経営計画支援と一体になった販路開拓支援を行うというもの。

そのためにかかる費用を

補助上限:原則50万円

補助率:補助対象経費の2/3以内

まで支援しますよ、という内容になっています。

具体的な例を挙げて、確認してみましょう。

≪例1≫

例えば、新たな一般顧客を得るためにパンフレットを作成するとします。

パンフレット作成費:30万円

だとすると、補助率は2/3なので

30万円 × 2/3 = 20万円

となり、採択になれば補助金が20万円もらえ、残りの10万円を自己資金で賄うということになる訳です。

≪例2≫

新たな商品をつくるために、機械を購入するとします。

機械購入費:90万円

だとすると、補助率は2/3なので

90万円 × 2/3 = 60万円

となり、採択になれば補助金が60万円もらえそうな気がしてしまいますが、ちょっと待ってください。補助上限が原則50万円と決まっているため、この場合もらえる補助金は50万円に、残りの40万円を自己資金で支払うことになります。

その他にも補助対象になるもの・ならないものなど細かく決まっている部分がありますので、詳細については下記ページをご覧ください。

平成30年度第2次補正予算「小規模事業者持続化補助金事業」(商工会地区分):独立行政法人 中小企業基盤整備機構

お金をもらうことがメインではなく、経営計画支援を受けられることがキモ

こうしておの設計が持続化補助金に応募するのも、実は2回目になります。

1回目は、業務の効率化を図り新たな営業活動の時間を確保するという形で、使用中のCADソフトのオプションプログラムの導入を目的とし応募しました。

結果、無事採択となり、補助金を活用してオプションプログラムを導入。計画通りの動きを取ることができましたが、残念ながら大きな効果は得られず。今回再チャレンジということで、もう1度申請を試みたところです。

前回と違うのは、担当してくれた商工会の事務局員の方とかなり密度の濃い相談をしていること。これがとても大きい。

2度の補助金申請を通じて感じたのは、この補助金のキモはお金を支援してくれることではなく、経営計画策定を支援してくれることにあるということです。

思えば1回目のときは、「これが欲しい!」という考えから補助金の導入に至りました。根本的な事業計画について深く検討したものではなく、今現在メインとなっている事業の延長としてのオプションプログラムの導入。確かに業務の効率化はなされましたが、それ自体が新たな事業・顧客を生み出してくれる訳ではありませんでした。

おの設計がメインとしている住宅関連の仕事では、福島県という東日本大震災による被害を受けた土地柄、住宅の新築・改修需要を先食いしてしまった感があり、市場が急速に萎みつつあります。

また現在の住宅市場は、展示場を持ち大々的な広告展開ができるハウスメーカー・パワービルダーが主流に。地元工務店・個人大工などは苦戦が続いているところです。

そうした状態で、地元に根差した小さな建築設計事務所は一体何ができるのか。

そんなところから入って行ったのが、2度目となる今回の補助金申請の中身です。

「何かやらなくちゃ」「どうにかしなきゃ」と思っている個人事業主の方、フリーランスの方も多いかと思います。その新たな一歩を踏み出すのがなかなか難しい中、この「小規模事業者持続化補助金」は良いきっかけになるのではないでしょうか。

まして、申請は1人で行うものではなく、地元商工会議所もしくは商工会の支援を受けての応募。内容についても、書類の書き方についても、担当職員がしっかりと対応してくれるはずです。

補助金の公募期間は

2019年5月22日(水)から7月31日(水)

※一次締め切り6月28日(金曜)
※二次締め切り7月31日(水曜)

となっているため、これから検討してもまだ二次締切には間に合うところです。気になる方は詳細を確認し、ぜひ地元の商工会議所・商工会に相談していただければと思います。

おの設計の申請も、無事採択になればいいなと祈りつつ・・・・。


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです。