全国の至るところで取り組みが進められている、空き家や空き店舗の利活用。おの設計も地元・福島県桑折町の空き家・空き店舗問題に関わっているところですが、同じ福島県内で面白い空き家の利活用を行っているところが新聞記事になっていたので紹介です。

田舎イメージ

【柳津】美大生ら柳津描く、店舗に展示 「やないづアートプロジェクト」

地元新聞の福島民友新聞さんの記事からです。

空き家をアトリエにして美術大の学生らが地域活性化を目指すという試み。町内の風景などを描き、完成後は町中心部の商店街で展示・販売するとのことです。

空き家・空き店舗の利活用というと、新しく住んでくれる人・店を営業してくれる人という、永続的な使用を前提としているところがあります。空き家を売りたい・貸したいという家主の方にとっても、その方が良いというのはもちろんです。

ただ今回の柳津町の取り組みのように、イベント事業などでの一時の使用というのも面白い試みなのかなと。今回の事業でも、都心に住む若い人たちが地方まで来てくれて、地域活性化のお手伝いをしてくれる。それまで来たこともなかった地域に足を運んでくれて、その土地の良さを知ってくれたことで今後も交流が続いていくかもしれない。

地方への移住・定住問題も最近話題になってきていますが、見知らぬ土地にいきなり移住・定住を促してもハードルが高いのは分かり切っています。そんな中で上記の取り組みのように、空き家・空き店舗の一時的利活用で地域を知ってもらうきっかけとし、将来的な移住・定住へつなげていくというのはある意味理に適ったやり方なのかもしれないと感じました。

福島県桑折町でも、少しづつ空き家・空き店舗の利活用の話が進んでいます。他地域の先進的な取り組みの情報を学びつつ、それを地元に活かすことができるよう、自分の中にインプットしていきたいと思います。


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@福島県桑折町
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです

スポンサーリンク