「幻の未発売ゲームを追え!
 今明かされる発売中止の謎」
 天野譲二

今までとは全く毛色が違う本ですが、実は私昔は相当な家庭用ゲーマーだったんです。

小2頃に買ってもらった「インテレビジョン」に始まり、ファミコン → スーパーファミコン辺りまでは真っ当な道を歩んでいたんですが、セガのメガドライブで出た「大魔界村」というソフトに出会ってある意味人生が変わり(笑)、セガハードをこよなく愛するコアな道へ。

メガドライブ → セガサターン → ドリームキャスト と日陰ハードを堪能しつくしまして、セガのハード撤退とともに、ゲーマーとしては卒業してしまったというところです。

ちなみに人生初のインターネット体験は、セガサターンモデムによるネット接続。(その前にパソコン通信は経験済みでしたが。)ゲーム機なのでTVで閲覧する訳ですが、当時は回線速度がまだまだ遅く、1つの画像が出てくるまで1時間近く待っていたことも(笑)。人生初のネットゲーム(RPGでした)もこれでしたね~。今思うとなかなか感慨深いです。「テレホーダイ」なんて言葉を知っている方は同世代かも。

そんなコアゲーマーの時期、関連雑誌などももちろんいろいろ買っていました。中でも「ゲーム批評」「ゲームサイド」といった開発者インタビューや開発裏話的な記事が中心の、ゲーム雑誌なのに文章だらけという人を選ぶ雑誌が大のお気に入り。誰にも話すことのない濃い知識を、頭の中にムダに蓄えていったものでした(笑)。

冒頭の本はそんな流れを組むもので、発売予定に名前が挙がりながら諸般の事情で日の目を見ることができなかった「発売中止」ソフトに焦点を当てた内容になっています。更にコアです(笑)。

雑誌の情報をチェックして気にしていたソフトたちがどういう経緯で消えていったのか。改めて読んでみても非常に面白いです。「Aランクサンダー」の続編、割と楽しみにしていたんですが、なるほどという感じでした。

とても人を選ぶ本ではありますが、ちょっと古い家庭用ゲーム機に思い入れのある方は、ぜひ手に取ってみてください。・・・・なかなかいないとは思いますが(笑)。


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク