正確には

■昭和56年5月31日以前に建てられた
 住宅に住んでいる方
■その住宅が、在来軸組工法や伝統的
 工法、枠組壁工法などいわゆる
 昔ながらの木造住宅であること
■お住まいの市町村がこの補助制度に
 対応していること
という縛りはあるのですが、条件を
満たしている方は、たったの6,000円
前後の費用でお住まいの住宅を耐震
診断してもらえるということを、
あなたはご存知でしたでしょうか?
19396824_295212490926704_3854102164092654754_n.jpg
この記事のきっかけはこちら。
私の住む桑折町における、耐震診断の案内チラシ
です。ただ、お気づきの方もいらっしゃるかと
思いますが、「募集期間延長」のチラシなんです
よね。
そう。
正規の募集期間では、枠が埋まらなかったという
ことなんです。何ともったいない・・・・。
この耐震診断、本来は費用が10数万かかるところ
を、国や都道府県・市町村でその大半を補助して
住宅所有者の負担を減らし、多くの人に耐震診断
を受けてもらいたいという制度なんです。
自治体によっては東日本大震災前から長年続けて
いるところもあり、最近では診断後の改修の方の
補助金を出しているところも増えてきています。
・・・・にも関わらず、現状は診断数は減少傾向に。
改修の方の補助金はほとんど活用されないまま
になってしまっているような状態です。
確かに改修費用は補助金だけでは賄いきれない
ため、もともとリフォームする予定もないと
いう方は、診断自体やっても意味ないし・・・・
と感じる方も多いかと思います。
また、あれだけの震災を受けある程度の補修
を済ませた現在、「あの震災で大丈夫だった
んだがら、まだ大きいのが来ても大丈夫だべ」
ガハハと笑っていた方もいます。
しかし。
補修して見た目は良くなったかもしれません
が、震災のダメージは明らかに建物に蓄積
されています。震災以降、地震が来たときに
何だかミシミシする音が前より大きくなった
なぁなんてことはありませんか?
また、先の震災は木造住宅に影響の出にくい
周期の揺れ方だったという専門家の意見も
あります。
油断、していませんか?
震災前、東北に住んでいる方は「宮城沖地震
が再び起こる確率は90%以上」という言葉を
ほとんどの方が知っていたのではないかと
思います。ただ、私も含めて、あそこまで
大きな地震が来ることを想定して対策をして
いた方もほとんどいなかったのではない
でしょうか?
熊本地震では、震度7クラスの地震が連続
して発生するというまさに想定外の地震も
ありました。最近では長野県で震度5強の
地震があり、余震にも気を付けなければ
いけない状態です。
やれること、やっておきませんか?
耐震診断の補助制度は、桑折町に、福島
県内に限らず多くの自治体で行っている
はずですので、現在お住まいの市町村で
対応しているかどうか、ぜひ調べてみて
ください。たったの6,000円で住まいの
安全度が、弱点と補強箇所が分かる耐震
診断。やらなきゃ損!ですよ~。

 

スポンサーリンク