先日、建築工事開始OKの合図になる「確認済証」

についての記事を書きました。
そして今回はこちら↓
20170906_173328679.jpg
今日は、先日無事終了した車庫新築工事について
「検査済証」なるものを頂いてきました。
建物をつくる工事が終わったら、すぐ使っていい
のかというと、そういう訳ではありません。
当初申請した書類・図面通りに建物がつくられて
いるかどうか、第三者の検査を受けて合格しないと
基本使ってはいけないことになっています。
この検査に合格しましたよ、検査が済みましたよ
という記しが「検査済証」ということになります。
20170905_094423751.jpg
今回受けた建物は鉄骨造の車庫ということで、
あまりチェックする項目もなくすんなり検査
は終わりましたが、例えば住宅だと間取りは
変わっていないか、窓の高さはOKか、火災
警報器は付いているか、などなどチェック
する部分も増えてきます。
この検査(完了検査と言います)に問題なく
合格することができるよう、施工者と打ち
合わせを重ねながら工事の状況をチェック
していくこと(「監理」と言います)も、
設計事務所の重要な仕事の1つにです。
ここがしっかりできていないと、いわゆる
ダメ工事や欠陥住宅などができてしまう
元凶に。施工者さんがきちんと工事をする
ことはもちろん大事ですが、監理者の方も
万が一の事態が起きないように、しっかり
チェックしていかなければいけないことに
なります。
「設計」と「監理」、そして「管理(と
いうものもあります)」の関係については、
また改めて記事にしてみたいところです。
20170725oilil
おの設計では、実作業(図面の作成や現地調査など)
の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話
でも、お気軽にお問い合わせください!
おの建築設計事務所
<TEL>024-582-3004
<E-Mail>info@koori-onosekkei.com
<Facebook>
https://www.facebook.com/noriaki.ono.39
<twitter>
https://twitter.com/koori_onosekkei
友達申請&フォローもお気軽にどうぞ!

 

スポンサーリンク