ここのところ、空き時間を使ってブログの過去記事のリンク切れをチェック・修正していました。というのも、4月にサーバーの移転を行ったのですが、そのときに画像のリンク切れが多数発生しており、いつか修正せねばと思っていたから。ようやく重い腰を上げた格好です。

ですが、実際に作業をしてみると予想外の出来事も。それが、タイトルにも書いたニュース記事の外部リンク切れです。

ウェブサイトイメージ

古いニュース記事は消える! ブログのネタに多用していたのが裏目に

私がブログを書くとき、そのきっかけがニュース記事というパターンがよくあります。

旬の話題を記事にすることで多くの人の目に留まるようにしたいという意図もありますが、どちらかというと単純に書くネタがなくて探しているというのが多いかもしれません(笑)。

ともかくニュースで読んだ内容をネタに自分の意見を交えて1つの記事に仕上げていくのですが、もちろんネタ元の内容を全文引用することもできません。そのため、記事内にネタ元となったニュースの外部リンクを張っておく訳です。

それが、今回確認してみたところ、1年以上前のものはそのほとんどがリンク切れを起こしていました。ネタ元のサイトを確認してみると、元々あったニュース記事自体が削除されているんですね。特に時事通信、Yahoo!ニュースから引用したものはほぼ全滅でした。

ただよくよく考えると、毎日何十、何百というニュースが生まれる中でその全てを保存していたら、サーバーがいくつあっても足りなくなりますよね。古く需要のなくなった記事が消される。当たり前のことなのかもしれませんが、これは自分の中で盲点でした。

おかげで、リンクを削除しつつ、元々あった文章を違和感なく読むことができるように修正するという、想定外の作業が入ることに。現在は全てのリンク切れを修正することができましたが、予定より随分時間がかかった感じです。

ニュース記事の外部リンク作成は慎重に。ブロガーの皆さんはぜひともご注意ください。

WordPressサイト内のリンク切れを探すには「 Broken Link Checker」が有効!

そして今回、サイト内のリンク切れを探すのに有効だったのが、プラグインの「 Broken Link Checker」

Brokne_Link_Checker

インストールすると、サイト内のリンク切れを一覧にして出してくれるというありがたいプラグイン。どの部分がダメになっているか指摘してくれる上、そこからすぐ記事編集・修正に向かうことができるので、使いやすさも十分です。

最近過去記事の見直しをしてないな・・・・というWordPressユーザーの方は、ぜひ有効活用していただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

「リンク切れは直接検索順位を下げる要因にはならない」という趣旨の発言がGoogle社からもなされていますが、リンク切ればかりあるサイトが、見に来てくれた人の信頼を得られるとは思えません。

ときどきは過去のブログ記事を、そしてサイト全体を見直す必要があるなと感じた今回の出来事でした。


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計_人物画像

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク