今日政府の地震調査委員会から発表された、2018年版の「全国地震動予測地図」。分かっちゃいたけど・・・・という状況が、さらに悪化した感じでした。

北海道東部で大幅上昇=南海トラフ沿い、微増続く-震度6弱以上の30年確率

上記のリンクを見てもらえると分かりますが、日本の太平洋側はほぼ真っ赤。震度6弱以上の地震が来る可能性が、ほぼ70%を超える状態になっています。南海トラフ沿いでM8~9級地震が起きる確率は70~80%とされ、その影響がもろに出た感じです。

かつて、宮城県沖地震も間違いなくもう1度来ると言われていた時期がありました。その予想は、東日本大震災として形に。未曽有の大災害となったことは、記憶に新しいところです。

また、今回の予測は震度6弱以上の地震を想定したもの。今回安全とされている地域にも、震度5強程度の地震が来ることはあり得る話です。南海トラフ級の地震が来れば、遥か遠方でも大きな影響は避けられない。先の震災でダメージを蓄積させている東北地方ではなおさらです。

結果、日本に住んでいる限り、地震から逃げることはできないと言えるでしょう。であれば、取り返しのつかないことになる前に、できるだけの対策をしておくことが大事になってきます。

建物に手を入れる=耐震改修をすることができれば一番ですが、費用も時間もかかることを考えると、誰もができるという訳ではありません。まずは、誰にでも、今すぐにでもできる対策をしておくことです。

・家具や家電を固定しておくこと
・2階以上には重いものを置かないようにしておくこと
・照明器具の落下対策をしておくこと
・避難が必要になったときの経路を確認しておくこと
・緊急時の家族との連絡方法を話し合っておくこと
・備蓄品の確認、見直しをしておくこと

ぱっと思いつくだけでも、これだけのことがあります。特に、家具や家電の固定は要確認。大きな家具の転倒は、直接命に係わる事態になってきます。先の震災で震度6弱だったわが家でも、固定していた食器棚のひもが2本のうち1本が破断。もう1本がかろうじてつながっていたため、倒れることなく無事に済みました。

大阪でも大きな地震があったばかり。ブロック塀の倒壊により、悲しい犠牲が出てしまいました。次がどこに来るかは分かりません。あなたの大切な人の命が、奪われてしまう可能性だってあります。

「あのとき、ちゃんと対策をしておけば・・・・」

そんな後悔をすることがないように、できることはしっかりとやっておくこと。今からでも、決して遅くはありません。


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク