20180116_225347652.jpg

ここのところ力を入れていた、個人の仕事や活動内容を紹介する小冊子「セルフマガジン」づくり。

昨夜は、様々なセルフマガジンが一堂に会する「第5回 セルフマガジン大賞」の受賞者発表が行われました。この企画の締切に合わせてセルフマガジンを何とか完成させた私も、せっかくなので応募。

昨年夏の「かさこ塾」受講から冬の創業セミナー参加まで、自分の仕事について改めて見直し今後について考え抜いた、現時点でのベストのものを詰め込んだマガジン。全て自分で、まだ慣れないパワーポイントでつくったものなので、デザイン的な部分は素人丸出し感もありましたが、自分の中では充分納得できるものに。

本音を言ってしまえば、「大賞はムリでも優秀賞に引っかかってくれれば・・・・」なんて淡い期待を抱いていたりした訳ですが---いや、受賞者の皆さんのマガジンを見ると、本当にレベルが高い。

細かい内容はそれぞれの職種で必要なものが違ってくるので、ひとくくりにできない部分はあると思います。ただ、写真の使い方だったり、文字の配置や大きさのメリハリ、誌面全体の色使いなど、デザイン的なものが素人のものとは明らかに違う。プロがプロたる所以をまざまざと見せつけられた感じがします。とともに、自分のマガジンで今後修正していかなければいけない点も見えてきた気がします。

そして何より、この企画に応募したメリットは、主催者であるかさこさんからの講評がもらえるということ。こういった冊子をつくって知人に渡したとして、「頑張ったね~」という労いの言葉はもらえるにしても、率直な、特にネガティブな意見はなかなかもらえないものです。そこをプロの視点で、良い部分も悪い部分も含めて客観的な意見をいただける。これはとても貴重ではないかと思います。

私のものを含め、今回応募した方全ての講評はこちら。
第5回セルフマガジン大賞選外作品講評

私のものは後半の方に記載があります。興味のある方はご一読を。

そして、入賞作品はこちら。
第5回セルフマガジン大賞発表!

いろいろと参考にしてみてください。

そして、今回つくったセルフマガジンは全て無料で配布を始めます!・・・・と言いたいところなんですが、今月末に郡山で行われる「セルフマガジン講座」を受講し、ブラッシュアップを行ってからの配布にしたいと考えています。配布が可能になりましたら改めてお知らせしたいと思いますので、少々お待ちくださいませ。

別なテーマを扱った第2弾・第3弾の構想もあったりはするんですが、まずは今回手掛けたマガジンをベストなものに仕上げたいと思います。こうご期待!


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク