家づくりの仕事は意外と長丁場。その時間がかかる仕事をしていて報われる瞬間。それは、住宅が完成しお客様に引き渡される瞬間に立ち会うことだったりします。という訳で、昨日とある新築住宅の完成引き渡しに立ち会ってきました。

住宅完成時外観

子育て世代のご夫婦が建築主で、床面積は100平方メートルほど。1階にLDKと水廻り、2階はご夫婦の寝室と子ども部屋という、さほど大きくはなくスタンダードなつくりの住宅です。外観もほぼ総2階でシンプルに。予算が限られていたこともあり、「ムリなく ムダなく シンプルに」というおの設計のコンセプト通りのつくりになりました。

住宅完成時内観

こちらは1階LDK部分。手前が床に畳を敷いた和洋室のスペース。中央には3枚の引き込み戸があるため、6帖の和洋室は客間としても使用可能。お友達家族を呼んでわいわいと広く使いたいときは、写真のようにオープンにして一体的な使用もできる使い勝手の良い空間になっています。

キッチン部分も吊戸棚のないセミオープンなキッチンになっているため見通しが良く、小さいお子さんをリビングで遊ばせながらママはキッチンで料理を・・・・なんてことがやりやすいつくりになっています。

ユニットバス

こちらは、お風呂にゆっくり浸かるのが好きだというご主人が選んだユニットバス。広めの浴槽は何とも居心地が良さそうです。

寝室

サンルーム

こちらは2階にあるご夫婦の寝室。右奥のスペースは、引き込み戸で仕切ることでサンルームに。共働きで洗濯物を出しっ放しにしていけないとの奥様のご希望で、誰もいない日中も洗濯物を干していけるスペースを確保。小さいながらベランダもあるので、布団干しなどにも困りません。

外の景色

そしてこちらは、2階の子ども部屋から外を写したもの。自然が豊かで何とも眺めが良い場所です。

今回の住宅の敷地は、実は「市街化調整区域」という地域。農家の方や昔から住んでいた方以外は、新しく住宅を建てることはなかなか難しい地域だったりします。

ですが今回、さまざまな良い条件が重なり、時間をかけて関係機関と打ち合わせをしていった結果、こうして若いご夫婦が新しい家を建てることができるようになりました。ここまで足掛け2年近く。ようやくここまでたどり着けたなという想いがこみ上げてきました。

と同時に、まだ幼稚園生のお嬢さんが嬉しそうに家の中をトタトタと歩き回っている姿を目にし

「このために頑張ってきたんだなぁ」

と、感慨深いものがありました。

これだから、家づくりはやめられない。そう思わせてくれた、今回の仕事でした。


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク