2019年6月18日の夜、山形県沖を震源とする地震が発生。新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱という大きなものとなりました。

翌日昼までの報道を見ていると、土砂崩れや液状化、また建物では瓦屋根の落下や屋内の家具・家財の転倒といった被害が出ているとのこと。建物本体の倒壊といった事態には至っていないのがせめてもの救いかなと思います。

2019年の1月には熊本で震度6弱の地震がありましたが、今や全国どこの場所で大きな地震が起きてもおかしくない状態。地震への備えは常に頭の片隅に入れておいた方が良いといえるでしょう。

そんな中で今回紹介するのは、福島県福島市で2019年6月現在行われている「ブロック塀等撤去助成事業」についてです。

ブロック塀と控え壁

法律の基準が守られていないブロック塀は、大地震で倒壊の恐れも

「福島市ブロック塀等撤去助成事業」は、福島県福島市で2019年6月5日~11月29日まで行われている事業です。

今回起きた山形沖の地震でも、ブロック塀倒壊の被害はいくつかあった模様。

ブロック塀倒れ、土砂崩れも 余震の不安を胸に帰宅 新潟震度6強

過去の地震ではブロック塀の倒壊により人命が失われたことあり、古い塀や高さが高い塀、既にひび割れが入っているようなブロック塀などは、特に注意が必要です。

福島市ではそうした過去の事例を踏まえ、ブロック塀の倒壊による被害を未然に防ぐため、ブロック塀の撤去費用の一部を助成する事業をスタートさせたようです。ありがたいことですね。

補助金額や対象には制限も。撤去を検討する方は該当するかどうか確認を

福島市ブロック塀撤去助成事業01

上の画像にも記載があるように、補助金の額や補助対象となる塀の状況には制限があります。

【補助金額】

1.撤去経費の1/2
2.対象となる塀の延長1m当たり5,000円を乗じた額

のいずれか少ない方の額となり、かつ最大でも10万円が上限となります。

【補助対象】

1.福島市内にあるもの
2.個人が所有するもの
3.ブロック塀等で地震等により倒壊の恐れがあるもの
4.道路に面し、道路からの高さが1m以上であるもの
5.福島市内に本店または支店がある施工者による工事であること

の条件を満たすものでなければなりません。

福島市内にお住まいの方で、ブロック塀の撤去や塀の改修などを考えていた方は、ぜひ助成事業を活用していただくことをお勧めします。

また、別の地域にお住まいの方も、自治体の方で同じような助成事業を行っている場合もあるかと思います。お住まいの都道府県や市区町村の窓口やHPをぜひ1度確認してみてください。

またおの設計では、地震に強い家に関する情報をまとめた小冊子を、ご希望の方に無料で配布しています。こちらもぜひご活用いただけると嬉しいです。

セルフマガジン第1弾「地震に強い住まいづくり」現在無料配布中!

 


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです。