2019年11月4日(月・祝)、福島県桑折町の屋内温水プール・多目的スタジオ「イコーゼ!」にて、令和元年度第1回の「空き家対策相談会」が行われました。

空き家・空き店舗対策に取り組む専門家集団「桑折まちづくりネット」が主催で行ったもので、昨年度に引き続きの開催ということに。私も建築士の1人して会に参加しているため、スタッフとして参加してきました。

事前予約をいただいた方から予約なしの方、またFAXによる相談の方まで、複数の方から相談が寄せられました。

R01空き家相談会_受付

空き家に対する不安はあっても、どこに相談したらいいか分からない

プライバシー・個人情報の問題もあるため、個々の相談内容についてはこちらには記載しませんが、総じて感じられたのは、空き家に対する不安や問題を認識していたとしても「どこに相談したらいいのか分からない」という点でした。

今所有している空き家を売る、もしくは建物が古いから除却をして更地にするといったように、今後の方針が決まっている方は問題ないかもしれません。

ですが相談を受けた感じからすると、「どうするのがベストなのか分からない」=「今後の方針が定まっていない」という方が多数のような印象を受けました。

正しい「現状把握」と「情報収集」が、今後の展開を導くカギに

R01空き家相談会_相談風景

そこで私たち空き家対策の専門家がお話したのが、

「まずは、現状を正しく把握しましょう」

ということです。

例えば

「建物が古いので、そのまま利活用ができるかどうかも分からない」

という相談であれば

「じゃまずは、建物の調査をしてから今後の方針を立てた方がいいですね」

ということ。

まず相談者の方の置かれた現状、建物の状況をしっかり把握した上でこそ、今後のより良い展開について提示することができる。まずはそこからになると思います。

状況が分かれば、さまざまな提案が可能になってきます。
例えば桑折町は空き家の除却に関して補助金を用意していますし、もし利活用が可能なのであれば商工会と連携して創業支援プログラムを活用しながら新規創業者に有効利用してもらう・・・・などという道を探ることもできます。

「桑折まちづくりネット」には、たくさんの経験を踏んだそれぞれの専門家がいます。その知識と経験を組み合わせることで、普通だったらなかなか解決することができない複雑な問題も、より良い答えを導くことができると思っています。

実際空き家に困っている方はもちろん、今後の方針に迷っている方も、ちょっとしたことからで構わないので、ぜひ一度ご相談いただければなと思います。

桑折まちづくりネット 公式サイト


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク