あなたの家には「太陽光発電システム」はありますか? もし付いているという方、「太陽光」2019問題というのはご存知でしょうか? 太陽光発電が生み出した余剰電力の買い取りが終了してしまうかもしれないという、この「太陽光」2019問題。太陽光発電システムをお持ちの方は、間違いなく頭に入れておくべきお話です。

太陽光パネル

この記事を書くきっかけになったのは、業界紙のメルマガから。

記事によると、2009年11月にスタートした「余剰電力買取制度」が、10年が経過することで契約が終了する家庭が出てくるということなんです。

契約が終了するとどうなるか。普通であれば契約を更新して従来通りに・・・・となりそうなものですが、現時点でも各電力会社の今後の対応が全く決まっていないという状態。最悪の場合、契約が切れたらもう「電力の買い取りは今後一切行いません」ということにもなりかねません。

記事内では今後の対策として、「蓄電池」を導入し売っていた分の電力を貯めておき自家消費するという案も提示されていますが、どうしても導入費用がかかってくることがネックに。災害時の停電対策として「蓄電池」も以前より普及してきてはいますが、一般住宅ではまだハードルは低くはないというのが実情です。

今回この「太陽光」2019問題に該当してくるのは、太陽光発電システムを初期に導入した一部の方ではありますが、今後対象になる家庭が増えてくるのは目に見えています。そのときになって対応に慌てないように、お住まいに太陽光発電がある方は今からこの問題について動向をチェックしておくことをお勧めします。


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク