11月21日深夜に、福島県小野町で住宅火災が発生。小さな子どもを含む7人もの人が犠牲になりました。原因についてはまだ調査中ではありますが、報道によると「住宅用火災警報器」が未設置だった可能性が高いとのこと。もしきちんと設置されていたら・・・・と思わずにはいられません。

火災警報器

以前、福島県は住宅用火災警報器の設置率が全国ワースト5という記事も

以前・・・・と言っても今年の9月末という割と最近の話ですが、こんなタイトルのブログ記事を書いたことがありました。

福島県は設置率ワースト5位! 火災警報器は大切な命綱

住宅での火災警報器の設置は、新築住宅については2006年に、既存住宅については2011年に設置が義務化されています。法的には、全ての住宅に火災報知器が付いていなければいけない状態。ですが、付けたかどうかチェックされる訳でもない既存住宅については、まだ未設置のところがあるのが実情です。今回の火事が起きた住宅も、そのうちの1つだったのかもしれません。

住宅用火災報知器は、1,000円台から販売しているものも

ではその住宅用火災報知器、今の値段はいくらぐらい? と思って調べてみると、こんな結果でした。

火災警報器金額一覧

安いもので1,000円台から売っているんですよね。それもパナソニック製で、評価もまずまず。値段が高いものだと連動して知らせるなど高機能なものもあったりしますが、安いものでも基準通りに設置すれば十分効果を発揮してくれるはずです。

住宅内の設置場所としては、

1.寝室
2.ガスを使うキッチン(※IHは対象外)
3.階段等吹き抜けのある空間の上部

が設置義務のある場所となっています。一般的な2階建ての住宅でも、多くても6、7か所くらいでしょうか。合計10,000円にも届かないくらいです。もし「値段が高そうで・・・・」と思って取付を躊躇している方がいらっしゃいましたら、安いもので構わないので、これを機会にぜひ設置してもらえるといいなと思います。

 


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@福島県桑折町
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク