前回までは家づくりの第1歩としてまずどんなことから取り組んで
いったら良いかという話をしてきましたが、今回からのテーマは
『家づくりの依頼先、どこにする?』
ということです。家づくりを手掛けている会社は、全国規模のものから
地元に密着した中小企業まで、本当にたくさんの数が存在しています。
そんな中から、あなたの『理想の家づくり』を託すにはどんな点に
注意していけば良いか---そんな話をしていきたいと思います。

まず家づくりを思い立っていろいろと情報を調べていく中で、
家づくりの依頼先は大体3つに分かれていることに気付いた
のではないかと思います。その3つというのは、

(1)ハウスメーカー
(2)地場工務店・大工
(3)設計事務所

のことです。新たに土地を買ってその不動産屋さんの紹介で~
なんてことはあるかもしれませんが、実際家づくりの依頼を
する窓口としてはこの3つに絞られてきます。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

(1)ハウスメーカー
家づくりの窓口として一番身近なのが、このハウスメーカー
ではないでしょうか。新聞広告やTVコマーシャル、
雑誌での紹介などメディアへの露出が多く、そして何より
住宅展示場などにモデルハウスを持っていることが強みです。
外観のデザイン、独自の工法、コストの設定などメーカー
それぞれが個性を持つ中で、建て主側はカタログショッピング
をするかのように目に見える形で比較検討ができます

また、家を建てる部分だけではなく、土地の斡旋から資金的な
問題の相談、完成後の登記やメンテナンスまで、一貫した
サポート体制
があるのも強みであると言えるでしょう。

逆に気になる点としては、ハウスメーカーの住宅はある程度
「規格」が決まっているものが多いため、自由度が狭まって
しまったり
、変更をすると追加料金が掛かってしまうことが
あるということです。

また、基本的な窓口となる「担当営業」の力量によって、
家づくり自体が大きく左右される一面があります。
「有名な会社なんだから、任せておけば大丈夫!」と
安易に委ねてしまうのではなく、ある程度の知識と自分たちの
考えをしっかり持って、家づくりに取り組むことが大事に
になってくるでしょう。

次回は、(2)地場工務店・大工さんについてお話します。