今日、娘の歯医者の付き添いに行って、ふと目に付いた冊子がこれ↓

やくならマグカップも_表紙

何でマンガが、それも無料の冊子が置いてあるんだろう? と不思議に思ったので、娘と一緒に中を見てみると、岐阜県多治見市という地名の記載や、巻末には企業広告が。

やくならマグカップも_中面

ますます興味が湧いて調べてみると、なるほど、岐阜県多治見市の地域活性化プロジェクトの一環だということが判明。いや~面白いですね!

その公式サイトがこちら↓

「やくならマグカップも」公式サイト
http://yakumo-tajimi.com/index.html

人気の出たアニメやマンガの舞台になっていた場所がいわゆる「聖地」化し、観光客が巡礼に訪れる・・・・なんてことも全国的に話題になっていたりもしましたが、その作品づくりを民間レベルで、それも長年継続して行っているというのはなかなかできることじゃないと思います。ノウハウを聞いてみたいくらい。

ちなみに福島県内では、三春町に「福島ガイナックス」ができたことから、一般企業や市町村でもアニメを使ったPRを行っており、桑折町のお隣・伊達市でも「政宗クロニクル」というオリジナルアニメを作成。まちおこしに一役買っているところです。

桑折町には「ホタピー」というかわいらしい観光PRキャラクターはいるんですが、アニメやマンガに展開するまでは至らず・・・・。

ホタピー

 

個人的にはアニメやマンガには全く抵抗がないので、というか未だにマンガはいろいろ買って読んでいるので、こうした特に若い世代へ向けた地域活性化の取り組みもなかなか面白いんじゃないかと思います。

まちづくりやまちおこしには若い力がなくちゃ!とアラフォーのオヤジとしては感じるところですので(笑)、今後の新しい展開の何かきっかけにでもなれば良いなと思うところです。


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク