「ただクーポンを配るだけの事業には

 したくないんですよね」
今夜行われた桑折町商工会青年部の
委員会での、委員長の一言です。
その気持ち、よく分かります。
例えば商店街を巡るスタンプラリーを企画
したとして、1等の景品を某テーマパークの
旅行券にする。
はたまた、イベントのチラシに割引クーポン
を付けて消費を促す。
どちらも分かりやすい集客策かと思います。
でも。
それって次につながりますか?
商工会青年部で数多くのイベントに携わって
きて、最近よく思うんです。
たくさんの景品やクーポンで釣れば、確かに
集客は増えるかもしれない。イベント自体は
成功を収めるかもしれない。
ただ、その後。
どれだけの影響が町に残りますか?
何もイベントがないとき、商店街に来る人は
増えていますか?
地元桑折町では近年、<東日本の「ご当地
バーガー」の祭典>と銘打った一大イベント
「ふくしまバーガーサミット」を行うように
なり、毎年20,000人超という町民数以上の
集客を誇るまでになりました。今年の
「ふくしまバーガーサミット2017 in 桑折」
は10月22日(日)の開催が決定し、現在出店
するご当地バーガーを鋭意募集中といった
ところです。
fbg2017_title_shutten.png
しかし、イベントでそこまで成功を収めることが
できても、日常の町への影響はほとんどありません。
まだ、ほんの一時の賑わいに過ぎないんです。
「バーガーサミット」の開始から今年で4年目を
迎え、新しい体制で新年度をスタートした桑折町
商工会青年部は、イベントを継続しつつもその
良い影響を普段の町に、商店街に持ってきたいと
考え、新たな企画を練っているところです。
それが、冒頭の委員長の言葉につながるものでした。
決して簡単な道程ではありません。
限られた時間。
限られた人員。
限られた予算。
様々な制約がある中で新規事業に取り組む
若い青年部員の姿は、本当に頼もしいもの
があります。
青年部の中では部長職も経験し終え、既に
最年長の部類の入っている自分としては、
良いサポート役になれるよう今後も活動の
お手伝いをしていきたいと思うところです。

 

スポンサーリンク