あれは確か、震災前のこと。

娘が3歳になる少し前のことだったと思う。
じっとりと汗をかきそうな蒸し暑い夜。

少し遠くを流れる川のせせらぎを耳に。
不安そうにぎゅっと手を握り締めてくる
娘の動きを気にしながら。

道なき道に歩みを進めていたそのとき。
ふわぁっと。何の音もなく。
見えない水面から。草木の黒い隙間から。
優しく柔らかな光が、ダンスを踊るように
闇の空間に舞い上がってくる。

「うわぁ~」

目の前を通り過ぎた命の輝きに思わず
感嘆の声を上げ、握りしめた手を放して
とてとてと光を追いかけていく我が娘---。

6月下旬から7月上旬にかけて、私の地元
福島県桑折町ではホタルの鑑賞シーズンを
迎えます。

私も毎年家族で見に行っていますが、
こうしてホタルを間近に見られる場所が近くに
あるということは、キレイな水だけではなく、
水辺の土や適度な空間など、周辺地域全体に
ホタルが棲むための良好な自然環境があると
いうこと。

桑折町では2つのボランティア団体が周辺整備

をされており、本当にありがたいなと思います。

鑑賞に適したポイントは
・蒸し暑い曇りの夜
・時間は午後7時半~9時くらい
を目指して行くと、たくさんのホタルが
見られるかもしれません。

詳しくは、町HPをご確認ください。
桑折町HP ホタルだより

帰りの車中、「キレイだった!」と語っていた
娘の瞳が、ホタルの光に負けないくらい
輝いていたのが今でも忘れられない思い出
となっています。そんな経験を、ご家族や
ご友人とぜひしてみませんか?

この初夏、ホタルの舞う幻想的な光景を
思い出の1ページに。
あなたもぜひ桑折町へ―――

doc20170623190050_001.jpg

 

スポンサーリンク