先の大阪地震から西日本の大規模水害と、災害が後を絶たない日本列島ですが、神奈川新聞社さんのサイト「カナロコ」にこんな記事が。

ブロック塀改修や撤去に交付金 自治体後押へ政府検討

ブロック塀亀裂

記事を見ると、ブロック塀の改修や撤去を促進させるために、政府として交付金を活用した支援策を現在検討しているとのこと。ありがたいことですね。

ただ大阪地震から日が経ち、自治体以外の民間の方でも、率先してブロック塀の調査・点検や改修を行っている方も見受けられる状態です。おの設計でも先日調査をしてきましたし、今後の改修についても話が進められています。

空き家の解体などについてもそうなんですが、危険であるにも関わらず放置しておいて、補助金が出るようになったら「タダでできるから」と対応する。それでは、先行してマジメに解体・撤去に取り組んでいる人の方が損をしてしまうんですよね。それではいけません。

もし今後交付金や補助金を出すのであれば、こうした「速めに対応をした人」も補助が適用になるように制度をしっかりつくってほしいなというところです。

 

また最後に、先日も紹介した「ブロック塀の点検のチェックポイント」を張っておきます。元のブログ記事とともに、もう1度確認をしてみてください。

何かが起こる、その前に。周囲のブロック塀の点検を

ブロック塀チェックリスト

 


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク