先日、地元・福島県桑折町の議会議員の皆さんとの、空き家・空き店舗に関する意見交換会に参加してきました。私が所属し活動している、空き家対策に取り組む専門家集団「桑折まちづくりネット」がオファーを受け、この度の開催となりました。

空き家を解消するための活動は、行政だけでも民間だけでも上手くいかず、そのどちらもが足並みを揃えて動いていくことが何より大事。今回のような機会を得たことは、活動の理解を得る上でとても貴重だなと改めて感じます。

桑折まちづくりネット_町議員意見交換会プレゼンデータ-01

「桑折まちづくりネット」の活動も3年目に

空き家問題の解決を目指し動き始めた「桑折まちづくりネット」ですが、2018年設立なので今年で3年目の活動になります。数えてみるとあっという間ですね。

桑折まちづくりネット 公式サイト

地元・桑折町としては4年連続で行っている「空き家状況調査」に携わり、会の方は2年連続で国土交通省の補助事業の採択を受け活動。結果、相談体制の確立と調査業務の充実、そして連続調査の結果から町の傾向も掴めてくるようになりました。

これまで同様、2020年度も国土交通省の補助事業に申請。7/10現在結果待ちの状態ではありますが、採択を受ける・受けないに関わらず、今後は調査だけではなく具体的に空き家を解消へ導く仕組みづくりができればなと考え、一部動き始めているところです。

採択を受けた補助事業に関しては、下記ページをご参照ください。

空き家対策の担い手強化・連携モデル事業(国土交通省サイト内)

拙速な「空き家バンク」登録は危険! 事前調査をしっかりと

桑折まちづくりネット_町議員意見交換会プレゼンデータ-06

この画像、意見交換会の中で説明に使ったデータの一部です。皆さん、答えは○・×どちらだと思いますか?

桑折まちづくりネット_町議員意見交換会プレゼンデータ-07

○だと思った方が多いかもしれませんが、答えは×です。

「空き家」=「空き家バンク」を活用と思われがちですが、空き家になったからといってその背景を大して調べることもなくバンク登録してしまうのは非常に危険です。

「空き家バンク」は、主に自治体が窓口となって空き家を売りたい人と買いたい人をマッチングさせるシステムです。それ自体が悪い訳ではないのですが、良くないのは、2人を引き合わせた後は「当人同士でどうぞ」という状態になるということ。

よく調査もしていない物件を「空き家バンク」に載せていると、いざ両者のやり取りが始まったときに、画像に書いているような所有者の問題や思ってもみなかった建物の不具合が出てきたりと、さまざまな問題が出てくることになります。

売りたい側も買いたい側も、町や市といった自治体が関わっているからこそ安心してやり取りができると思っていたはず。それなのにそこで問題が起こってしまっては、「空き家バンク」の存在意義自体が問われかねないことになってしまいます。

多少時間がかかったとしても、事前に「モノ」と「ヒト」の状態をしっかりと調べ、問題がないことを確認してから「空き家バンク」に載せる。自治体が窓口の「空き家バンク」だからこそ、慎重さが必要だと思います。

空き家解消には、長い時間と多くの人の理解は必要

意見交換会では、上記のような空き家にまつわる具体的な話から「桑折まちづくりネット」の歩みについて、また空き家解消に向けて今後やっていきたいことも含めて、多岐に渡る内容となりました。

その過程で改めて感じたのは、空き家解消に向けた動きには、何より多くの皆さんの理解が必要だということです。

空き家意見交換会の様子

今回議員の皆さんに興味を持って話を聞いていただき、さまざまな質問が出てきたということは、とてもありがたいことだと思っています。

こうした意見交換だったり、町民向けのセミナーを開催するなどして、少しでも多くの皆さんに「空き家」に関する興味と知識を持ってもらうこと。これが、空き家解消を早める第一歩なのではないかと思います。

今年度も、秋から冬にかけての時期に相談会やセミナーを予定していますし、昨年度の活動の中で開設した「常設空き家相談所」も稼働中です。相談所については過去記事で紹介していますので、そちらもぜひ。

空き家対策に一石。常設空き家相談所が福島県桑折町にオープン!

空き家解消には長い時間がかかるかと思いますが、何とか息の長い活動を続けていければと思っています。


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計_人物画像

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク