日曜のブログ記事はプライベートな話も。ということで、犬を飼い始めてしばらく経ちますが、日々散歩をしていて感じるメリットを4つ紹介。これ、誰にでも当てはまるので、犬を飼おうかどうか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

1.日々の散歩は何といっても健康に良い

実は痛風持ちな私。商工会青年部の部長時代は暴飲暴食不摂生気味な生活だったこともあり、ある日唐突に痛みが発症。そのときにお医者様に言われたことが、「真っ当な生活をして痩せること」と「適度な運動をすること」でした。

この「適度な運動」というのが、ジムに行って徹底的に身体を鍛えるとかハァハァ息が切れるくらいまでマラソンするというものじゃなく、ちょっと速足で歩いて適度に汗をかくくらいの、まさに散歩のようなものがベスト。

天気の悪い日や仕事の都合で行けない日ももちろんありましたが、それまでほとんど運動していなかった日々よりは随分マシなものに。食生活もちゃんと見直し呑み会に出る回数なども減らした結果、体重がピーク時よりマイナス10kgになったのは自分でも驚きでした。

散歩だけの効果じゃありませんが、健康的な生活の一助になっているのは間違いなし。行かなきゃ時間になると「散歩連れてけ」と吠えられる半強制タイマー付き(笑)なので、なかなか良いかと思います。

2.住み慣れたはずの町の、知らない一面を知ることも

犬と散歩といっても、いつも歩くのは自宅から30分程度の距離。本当にご近所さんを歩く程度なんですが、いざ歩いてみると普段は全く通らないようなところも割と歩いたりするんですよね。

まして、車で移動するのが当たり前の福島県桑折町。用がない場所の細い道なんて通る訳もないんですが、散歩となるとそんな道も歩きます。

「こんなところに新しい家が建ってたんだ」
「この道、生まれて初めて通った」

なんてことも未だにあったりします。自分が生まれ育った町でも、実際歩いてみるとまだまだ新しい発見があるんだなと実感したところです。

3.知らない近所の人とも、自然と挨拶・会話をするように

犬を散歩していると、結構声をかけてきてくれる方が多いんですよね。もちろん気にも留めない方もいますが、好意的なリアクションをしてくれる方が大多数です。

同じ時間に散歩をしていると定期的に会う方もいて、すっかり顔見知りになり犬もしっぽをフリフリしながら喜んでいることも。人好きなわんこのため積極的に人に近づいていくことも多く、飼い主の方も愛想よくせねばと自然と挨拶をするようにもなりました。

こうした、犬を通したコミュニケーションというのもなかなか良いものだなと感じています。

4.四季の移ろいを身近に感じるように

桜が咲くころの花見や秋の紅葉などは、観光としてわざわざ見に行ったりすることもありますが、それ以外にもちょっとした季節の変化に敏感になったかなと。

道端に咲く、名も知らぬキレイな花。
犬を歩かせることすらできなくなる、酷暑のアスファルトの熱さ。
犬が喜んで戯れる、落ち葉たちの群れ。
身体の毛と絡まって、水玉の服を着たかのようになる真っ白な雪。

どれもこれも、昔だったら見逃していたような自然の移り変わりが、それこそ自然と目に入るようになってきた気がします。これも犬との散歩効果のひとつなのかなと。

 

ということで、犬と散歩をするようになって気付いた4つのメリットをまとめてみました。

こうして挙げてみると、本当にちょっとしたことなんですよね。特別じゃなく、誰にでも当てはまること。でもだからこそ、誰でもこのメリットを感じることができる可能性があるということです。

犬を飼ってみたいと思っている方、そして既に飼っているけど散歩は面倒で行ってないという方。ぜひこれを読んだ今の機会に、犬との触れ合いの時間を増やしてみませんか? 良いこともりだくさんですよ!

 


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@福島県桑折町
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク