新型コロナウイルスの影響で自由に外出できない日々が続きますが、適度に身体を動かすことは大事なこと。これは、人間はもちろん犬や猫たちにとっても同様です。

最近は犬や猫たちも室内で1日を過ごすのが当たり前になってきていますが、適度な運動はできているでしょうか?

今回は、家の中でも楽しく暮らすことができる住まいの猫アイテムを紹介します。

猫との生活

犬・猫とも約8割がほぼ家の中で過ごしている現状

冒頭で「室内で1日を過ごすのが当たり前の状態」と書いた犬や猫の暮らしの状況ですが、具体的にはどの程度の割合だと思いますか?

一般社団法人ペットフード協会で調べた【令和元年 全国犬猫飼育実態調査】によるデータが下記のものになります。

犬の飼育場所
一般社団法人ペットフード協会【令和元年 全国犬猫飼育実態調査】より抜粋
Copyright© INTAGE Inc. All Rights Reserved.
猫の飼育場所
一般社団法人ペットフード協会【令和元年 全国犬猫飼育実態調査】より抜粋
Copyright© INTAGE Inc. All Rights Reserved.

このデータを見ると、「室内のみ」「散歩・外出時以外は室内」の2つを合わせた数字が犬・猫とも8割を超えている状態に。特に猫というと外を自由に歩き回るイメージがありましたが、今やそれは過去のものということですね。

また、環境省では下記のようなチラシを作製して室内飼いを推奨しています。交通事故や感染症へのリスクを考えても、室内だけで飼うことには大きなメリットがあると言えますね。

猫室内飼い推奨チラシ
環境省 公式サイトより

家の中でも猫が楽しく遊べるようになる住まいのアイテム3選

上で紹介したチラシにも記載がありますが、家の中だけで暮らすようになって気になるのが、猫が退屈してしまうのではないかということ。猫用おもちゃを買ってきたりキャットタワーを設置したりという手もありますが、ここでは建築目線で捉えた住まいのアイテムを紹介したいと思います。

1.ねこステップ

ねこステップ
DAIKEN「ペットと暮らす[犬編/猫編]」カタログより抜粋
平面的な広さがあれば十分楽しむことができる犬と違って、猫は立体的な空間で遊ぶことを好みます。そのためキャットタワーを設置する方も多いですが、意外に場所を取るんですよね。

そんな方にもオススメなのが、この「ねこステップ」。上の画像のように壁面にステップを配置していくことで、猫が高いところまで自由に遊びに行けるようになります。さらに天井面に近いところにキャットウォークをつくっておけば、1つの部屋の中でもかなり自由度が増してくるはずです。

ステップの表面は、滑りにくいエンボス加工に。掃除もしやすく衛生的です。猫のために考えられた製品ということで丈夫で安定感がある上、後付けで簡単に施工ができるというのも好ポイント。大がかりな改修が必要だとなかなか手が出せませんが、これなら気軽に設置できそうですね。

2.ペットドア

ペットドア1
DAIKEN「ペットと暮らす[犬編/猫編]」カタログより抜粋
「ねこステップ」は部屋の中での自由度を高めるアイテムでしたが、さらに家の中全体を遊び場と考えるのであれば、この「ペットドア」がオススメ。ドア自体を閉めたままでも猫が自由に出入りできるペット用出入口があるので、上の画像のように簡単に部屋間を行き来ができるようになります。

ただし、家の中をどこでも行き来できるようにすると、ちょっとした隙を狙って外に出て行ってしまう可能性も。家の中のどの部分まで自由にさせるのか、その行動範囲をあらかじめ決めておいた上でドアの設置をしておくことが大切です。

ペットドアオプション
DAIKEN「ペットと暮らす[犬編/猫編]」カタログより抜粋
ペットドアには、こんなかわいらしいオプションも。猫好きさんの心を揺さぶりますね。

3.ペット壁内くぐり戸

ペット壁内くぐり戸
DAIKEN「ペットと暮らす[犬編/猫編]」カタログより抜粋
そしてこちらは、ドアではなく壁にペット用の小さなくぐり戸を設置するものです。

上述したように、ペットドアを設置し廊下に出られるようにしてしまうと、自由度が大幅に増しどこに行ってしまうか分からないというリスクも出てきてしまいます。

「行動範囲をそこまで広げたくない・・・・」という方には、この壁に設置するくぐり戸がベスト。例えば隣り合った2部屋だけを行き来させたいといった場合、このくぐり戸を壁に設置すれば、猫が廊下に出ることなく直接2部屋だけを行き来できるようになります。

くぐり戸には「ロックつまみ」も付いているので、行き来させたくないときにはつまみを回してカギをかけることも可能に。ドアと違い施工の手間は若干出てきますが、猫との暮らしを楽しくするための有効なアイテムの1つと言えるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか? 「ペットのためのリフォーム」と言うととても大がかりになってしまうイメージがありますが、今回紹介したような既製品を上手く活用すれば、意外にスムーズにできてしまいます。

ちなみに、今回紹介したものは全てDAIKENから出されているものです。

DAIKEN-大建工業株式会社-公式サイト

また、おの設計では「いぬとねこの家づくり工房」という事業部を新たに設立。「ペットも家族の家づくり」をコンセプトに、犬や猫たちとのより良い住まいづくりに積極的に取り組んでいます。

「ペットも家族」の家づくりを。「いぬとねこの家づくり工房」スタート!

猫との暮らしを楽しくより良いものにするために、ぜひ今回のアイテムをご活用いただければ嬉しいです!


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計_人物画像

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク