毎日うだるような暑さが続きますね~。皆さん体調の方はいかがでしょうか? 熱中症のニュースなどもよく目にしますが、屋内での発症もかなり多いとのこと。特に小さいお子さんとお年寄りのいる方は気を付けなくちゃですね。

さて今回は、7/25(日)に開催された福祉住環境について考える団体ふくしまユニバーサルねっと7月定例会参加のご報告です。

≪タウンミーティングについて≫

毎年1度開催しているタウンミーティングについての検討が行われ、内容が固まってきました。


タウンミーティング in ふくしま2010

【開催日】平成22年10月30日(土)
【会場】福島県男女共生センター(二本松市)
【時間・内容】
13:30 開会・主催者挨拶・講師紹介
13:40 講演
講師:金沢 善智 氏
演題:利用者から学ぶ福祉住環境整備(仮)~福祉用具と住環境整備~
15:00 休憩
15:10 グループディスカッション
16:30 閉会
【主催】ふくしまユニバーサルねっと
【共催】福祉住環境コーディネーター協会


今後申込用紙を作成し、広く参加者を募集していきたいと思います。興味のある方はぜひご参加ください!

≪講演会参加報告≫

鈴木代表より仙台タウンミーティング『認知症を考える集い』の、私 小野よりふくしま住まいフォーラム『住宅施策と福祉施策の連携を考える』の参加報告が行われました。

仙台タウンミーティングの方は認知症がテーマということで先月に引き続きの話となり、認知症に対する世間の関心がより高まっていることを感じさせます。

特に興味深かったのが、約13年の実母の介護状況を克明に記録しデータ化した工業デザイナー山崎さんのお話。デザイナーという自らの技能を活かした介護の実践と、変化していく状況を正確に記録していった体験談は大変貴重なもので、ぜひ直に話を聞いてみたいと思ったものでした。

ふくしま住まいフォーラムはまちづくり全般に渡る広範囲なお話だったのですが、その中で福祉住環境に関するものは先進事例の紹介が行われました。

現在全国的に増えつつあるシルバーハウジングの話や市独自に「バリアフリー住宅士」という制度を創設し福祉住環境の整備と地元建設業の底上げに取り組んでいる自治体の話など、今後のあり方を探っていく上でとても参考になる内容でした。

・・・・とちょっと内容が盛りだくさんで、当日は終了時間がオーバーしてしまったのは、事務局長としてはちょっと申し訳ないところでした(^^;。

でも、こうやって活発に意見交換ができるのはホントに良いことだなぁと思います。勉強会のネタを探すのは意外に手間がかかったりしますが(^^;、次回も何かまた良いテーマを見つけて勉強会ができればと思います(^^)。


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク