あなたが頑張って考え出したオリジナル商品。名前は他の誰かのものと被っていないかどうか調べましたか? 商標登録はきちんと済ませましたか? そんな内容のセミナーを聴く機会がありました。

これは、法人会の地元支部が主催したセミナー。おの設計は個人事業なので正確には法人ではないのですが、商工会からの声掛けで参加させていただきました。

「知的財産」「商標権」というと、何だか自分の身近なところからは縁遠いイメージがしてしまいます。でもよくよく話を聞いてみると、桑折町の「献上桃の郷」といったPRの言葉や「辛口 桑折」という地元産の日本酒の名称も、きちんと商標登録が行われているとのこと。

セミナーの資料にもありましたが、商標とは

権利者にとって:これまで積み重ねてきた企業努力のあらわれ

消費者にとって:その商品がどこの企業のもので、信頼できるものなのか判断できるもの

とのこと。「田舎だから」とか「全国に出回るものじゃないから」なんていうことは関係なく、自分たちの努力と権利を守るために必要なことなんだなということが分かります。

「商標権」について何となくは知っていましたが、今回のセミナーで初めて知ったのが

・使用していない商標は取り消されることがある

・登録していた名称をアレンジしたりプラスアルファして使っていたものは、登録商標を使用していたとは認められない可能性がある

ということ。せっかく取った商標登録も、仕組みをきちんと理解していなければ後で大変なことになりかねないということです。

そんな特許や商標について、名称が登録されているかどうか検索できるサイトがこちら。

J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)

興味のある方は、いろいろ検索してみてください。自分で商品を作り出しているお菓子屋さんや、六次化商品の開発を検討している団体の方などは、チェックしていた方が良いかもしれませんね。


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!

スポンサーリンク