寒さが増してくる1~3月の冬の時期。暖房器具の使用が増えるとともに、火事も増えてきますよね。新聞やテレビなどでも、住宅の火事を伝えるニュースが時折見受けられます。

そんな中で見つけたニュースがこれ。

宮城県内の火災、2017年は最少724件 警報器普及など要因

住宅用火災警報器が普及した宮城県では、2017年の火災件数が過去最少になったというんです。嬉しいニュースですよね。

宮城県の住宅用火災報知器の設置率は全国2位! 福島県は・・・・

今回火災件数が最少になったという宮城県。データを見てみると、2018年6月の時点で住宅用火災警報器の設置率が90.5%の全国2位! 全国平均の81.6%と比べても高い数字となっています。火災件数が少なくなったというのも頷けるところですね。

そしておの設計のある福島県はというと・・・・74.6%で全国43位。これは以前も記事にしましたが、何とも寂しい結果です。

福島県は設置率ワースト5位! 火災警報器は大切な命綱

ちなみに、1年前の2017年6月時点での福島県の設置率は74.7%。1年経って変わらないどころか下がっているという体たらく。残念というしかありません。

全国47都道府県の設置率が分かるリンクを張っておきますので、ぜひお住まいの地域の状態を確認してみてください。

住宅用火災警報器の設置率等の調査結果(総務省:2017年6月時点)

住宅用火災警報器の設置率等の調査結果(総務省:2018年6月時点)

住宅用火災警報器は高くない! 未設置の方はぜひ検討を

これも以前記事にしましたが、住宅用火災警報器って決して高いものじゃないんですよね。1,000円台からも買うことができます。

1,000円台で助かる命。住宅用火災警報器の設置をぜひ

ホームセンターやネットショップで普通に手に入れることができますし、設置もそう難しいものでもありません。火災が増える冬の時期、まだ設置していないという方は、万が一が起こる前にぜひ設置を検討していただければと思います。


 

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@福島県桑折町
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです。