「シックハウス症候群」と「化学物質過敏症」の違いについて。
この2つの言葉、結局どちらも同じ意味じゃ?と思っている方も多いのではないでしょうか。

私も最初は、一般住宅で起こるのがシックハウスで、その他の場所で起こるものが化学物質過敏症かと思っていました。ところが、そうした「場所の違い」の問題ではなかったのです。

「シックハウス症候群」は、汚染された家に入れば誰にでもその症状が起こるという状態で、あくまで家屋の方に問題があるもの。

それに対して「化学物質過敏症」は、普通の人であれば特に問題のない汚染レベルの室内においても発症してしまうという、家屋には問題がないがその「人」に何らかの身体的な問題があるというものなんです。

そのため「化学物質過敏症」は、家屋の改善をしただけでは問題は解決せず、対象者に対して適切な医学的処置を施さなければいけないものとなっています。

このことから考えると、「シックハウス症候群」を治すのは建築の専門家、「化学物質過敏症」を治すのは医療の専門家ということになります。

※上記の定義はあくまで「シックハウス診断士」としての見地ということで、医学の専門家の方の意見はまた異なるものがあるとのことですので、ご了承ください。


にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
↑クリックで応援よろしくお願いいたします!↑


おの設計イラスト

おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
いぬとねこの家づくり工房
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折 福島で家づくり
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

スポンサーリンク