皆さん「教育委員会」というとどんなイメージ

をお持ちですか?
何となくですが、ぱっと思い浮かぶのは
「いじめ問題」が大きくなりマスコミの前で
並んで謝罪会見をする場面。何もやってない。
何をやってるんだかよく分からない----
そんなネガティブなイメージを抱いている
方が多いんじゃないかと思います。
でも実は私、その現役「教育委員」なんです。
20170630_162129009.jpg
教育委員の中には現役の保護者が最低1人は
いなければならず、前任の保護者委員の方が
退任されることから、その後任として昨年
10月に就任。現在に至ります。
それまでは行政の教育サービスを受ける側。
小学校のPTA役員はやっていましたが、教育
行政に直接関わる立場になるとは夢にも思って
いませんでした。教育委員会に抱いていた
イメージというのも、そこまで悪い印象を
抱いてはいませんでしたが、特に良い訳でも
なく。割とニュートラルというか、特に意識
はしていなかったという方が正しいかもしれ
ません。
そんな私が「中」に入って感じたのは、いや、
いろいろなことが考えられているんだなと
いうこと。今まで当たり前に享受してきた
様々な教育サービスや施策が、これだけ
練られ・検討されてきているんだなという
ことでした。
子どもたちの健やかな成長のために。
学力の向上のために。そして更には、
町民の生涯学習の充実のために---。
(教育委員会は、子どもたちのためだけでは
 なく、文化・スポーツなどの生涯学習活動
 もその対象になっています。)
まさにそれまでになかった、新たな視界が
開けたという感じがありました。ただ今度は
自分がその一旦を担う立場になった訳で、
微々たる力かもしれませんが、その職責を
果たすべくできるだけのことはしたいと
考えています。
・・・・とこんな記事を書いたのも、今日月例
の教育委員会がありまして、中学3年生の
国語の研究授業を拝見する機会があった
からです。小学校の方は娘もまだ現役です
ので授業参観には行っていましたが、
中学校となると本当に久しぶり。
自分たちの頃のイメージで、シーンとした
中で黙々と先生の話を聞きノートを取る
雰囲気かと思っていたんですが、いや~
全然違いました! いくつかのグループに
分かれてディスカッションをしながら、
みんなで1つの答えを導き出していく
授業形式。提示された問題も、クイズを
思わせるような飽きさせないつくりに。
先生も、電子黒板を駆使しながら分かり
やすい説明を加えていく。そんな内容の
授業で、何より子どもたちがすごく
楽しそうに授業を進めていたんですよね。
全ての授業がこの状態なのかというと
もちろんそうではないでしょうが、
詰め込みだけではなく自分たちで考え、
発言し、まとめていく能動的な授業
スタイルがあることに、今の子ども
たちは良い教育を受けているんだなぁ
とある意味羨ましく感じた午後の
ひとときでした。

 

スポンサーリンク