先日、私が所属している(社)福島県建築士事務所協会青年部
の総会がありました。正会員が主に設計事務所勤務の若手で
構成されている団体で、県北支部・県中支部・会津支部・
いわき支部(次世代の会)という県内4か所の支部から
約40名程が参加しました。ちなみに、建築士事務所協会の
青年部団体というのは全国的にも珍しいものだとのこと。
他の団体では青年部組織で積極的に活動しているところも
多々あるので、意外な感じがします。

当日は通常総会の審議から講師の先生をお招きしての基調
講演、また懇親会まで盛りだくさんの内容で行われましたが、
今日はその際に配布された1冊の本を紹介します。

doc20120709140402.jpg

震災の記憶「私たちの3.11」
~建築に携わる若者として~

と題されたこの冊子は、青年部に所属している会員が
3.11のあの日・あの時間に何をしていたか、そして
どんな行動を取りどんな想いを抱いたか、約30人分の
記憶と記録がこの1冊に綴られています。私もそのうちの
1ページを書かせて頂いたのですが、他の会員の方の
文章を読むと、普段の会話にはなかなか浮かんでこない
震災への想いや行動の記録が真摯に紡がれており、
建築に携わるものとしても、また1人の人間としても
とても興味深く読み進めることができました。

建築業界でも、名のある方、役職が上の方が書かれた
震災に関する提言・考察などは、専門誌を始めとした
各メディアで目にする機会も多かったと思います。
しかし今回の冊子は、被災地・福島で地道に建築の
仕事に取り組んでいる若手1人ひとりの想いが載せら
れたもの
。その内容を実際に読んでみて改めて、この
冊子はとても貴重なものではないかと感じました。
残念ながら一般販売する予定はないので実際に目に
する方は少ないかもしれませんが、会員の方を始め
手にすることができた方はぜひ時間をつくって読んで
頂ければと思います。

私が所属している(社)福島県建築士事務所協会
県北支部青年部
のHPはこちら↓。
http://sekkei-f.jp/seinen/
今までの活動なのが載せられていますので、興味の
ある方はこちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク