「近くで屋根工事をしているものなんですが、遠くから見たときにお宅の屋根がずれているように見えたんです。点検は無料でやっていますので、良かったらいかがですか?」

突然家にやって来た屋根工事の業者さんにこんなことを言われたら、あなたはどうしますか?

hhop400.jpg

実はこれ、先日地元の方から聞いた話なんです。ネットで調べるといくらでも出てきますが、これ、悪質な点検商法のやり口そのまんまなんですよね。

今回冒頭のような話をされて、家を建ててくれたときの業者さんと勘違いしてしまった家主の方は、業者さんを家に上げてしまったそうです。ただおかしいと思ったのは、「屋根を見る」と言ったにも関わらず、家の中に入ってきて階段を昇って2階に上がって行ったとのこと。

違和感を感じた家主さんは、家を建てたときの業者さんに電話をしてみたところ

「点検なんてしていない」

という確認が取れ、慌てて訪問業者を追い出したとのことでした。

今回は事なきを得ましたが、いつ誰のところにもこうした「点検商法」の業者が訪れる可能性はあります。屋根に限らず

「無料で点検しますよ」

と家に入り込み、

「ここが壊れていました。すぐにでも修理しないと大変なことになりますよ」

と不安を煽って、契約をしてしまう。そうして大した工事をする訳でもなく、後日になって相場より高い工事代金を請求される---特にお年寄りの単独・ご夫婦のみの世帯を狙った悪質な「点検商法」は未だにあるということです。

そうした業者が来たときに気を付けることはただ1つ。

<慌てて工事契約をしてしまわないこと>です。

「今すぐ工事しないと~」などと不安を煽ってきますが、まず一呼吸置きましょう。例え屋根瓦がずれていたとしても、今まで何ともなかったのに1日2日で酷い状況になるなんてことはまずありません。

その場で契約することは絶対にせず、後日連絡するという形にして、まずは家を建てた業者さんや信頼のおける関係者などに相談してみましょう。その結果本当に修理が必要であれば、それからどうするか考えればいいだけです。

また、そうした悪質業者は地元の人間ではないことが多いもの。地元の業者がそんな悪いことをやっていたら、あっという間に話が広がって、間違いなく商売が成り立たなくなりますからね。業者が乗ってきた車のナンバーを確認して、遠いところから来ているのであれば注意をするというのも判断の1つの目安です。

いかがでしたでしょうか?

総じて大事なのは、何かあったときに気軽に相談できる、信頼のおける専門家とのつながりをつくっておくこと。おの設計も、あなたにとって「信頼のおける専門家」になっていければ良いなと思うところです。


おの設計では、実作業(図面作成や現地調査など)の伴わない相談は基本無料です。メールでも電話でも、お気軽にお問い合わせください。

おの建築設計事務所
【住所】福島県伊達郡桑折町字諏訪40-22
【TEL】024-582-3004
【Facebook】小野 紀章
【Twitter】おの設計(小野紀章)@桑折
【instagram】koori_onosekkei

各種SNSの友達申請・フォローもお気軽にどうぞ!

ご意見・ご質問等、各種お問い合わせはこちらから。
おの設計 お問い合わせフォーム

また、下のボタンから各種SNSに拡散していただけると嬉しいです!